英検1級合格(を目指す)体験記③~2021年度第1回英検1級一次試験に向けて


公開日:

はじめに

こんにちは。なっとうです。

私は1月にあった英検1級一次試験で不合格という結果になってから、もう一度英検1級に挑戦すべく現在勉強をしています。

今度の5月30日に行われる2021年度第1回英検1級一次試験を受験するのですが、今回は英検1級リベンジに向けて私が行ってきた勉強をご紹介したいと思います。

 

2回目の英検1級受験に向けて

前回の試験結果を見ると、リーディングでは苦手とする大問1が正答率約50%、また時間が足りずにしっかり解き切ることができなかった大問3が正答率50%と大きく足を引っ張っており、さらに前回のブログに記載したようにリスニングのほうもかなり間違えてしまいました。

そこで、今回の受験に向けてまず克服すべき課題はやはり語彙力であると考え、英単語の暗記をもう一度しっかりやっていこうと2月以降取り組んできました。高上における英語指導でも単語の理解に重きが置かれていますが、1回目の英検受験で改めてその大切さを実感しました。(先日放送された某お受験ドラマにおいても語彙力が大事であると言及されていましたね。)

勉強法として具体的には旺文社の「英検1級 でる順パス単」を何度も繰り返し覚えるという勉強をしています。単語を発音しながらさらっと意味を確認していく作業を繰り返し行い、単語の意味を覚えてきたところで例文を読んで和訳できるか確認するというやり方でひたすら単語を覚えるようにしました。

前回の受験前は、過去問をたくさん解きながら、わからない単語が出てきたらその都度意味を確認して覚えていたのですが、その方法だとなかなか語彙力を確実に身に付けることができませんでした。そこで今回は、過去問をやるよりもまず徹底的に英単語を覚えるというふうにアプローチを変えました。

試験まで残り1週間をきりましたが、最後まで気を抜かずに過去問も解きつつ英単語を1つでも多く覚えて試験に臨みたいと思います。

また一次試験が終わったら受験の感想や結果について報告したいと思います!

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事