札幌|英検1級・英検準1級・英検2級の勉強法を指導!マンツーマンの個人塾高上。札幌の高上は中学生、高校生を始め、主婦や社会人、お年寄りに英語の指導を行います。英検1級、英検準1級、英検2級は学生うちに合格しておくと受験や就職に役立ちます。
英語の勉強で結果が出ずに困っていませんか?
TEL:080-1885-3972
受付時間:10:00~21:00
年中無休(相談等については要予約)
※指導中はお電話に出られません。
お問い合わせページよりご連絡ください。

現段階での模試の平均点を分かっていますか?

ベネッセで110点前後、河合の第三回全統だと100点を切るでしょう。

200点満点中100点に満たない人が多くいる。だからこういう数字になるのです。実際に来年一月のセンター英語は今年と同じ、もしくはやや難化することが見込まれます。

残り10週間。
今から逆転して平均点を大きく超える方法とは。

1.システム英単語を暗記する。

英語が苦手な生徒が知っている単語帳の中で一番速いのはおそらくシステム英単語でしょう。本当はターゲット1400を推したいのですが、残念ながらCDが今は発売されていません。

よってシステム英単語。

2.問題演習をする。

センターの過去問の?甘いです。100点を大きく下回っているのならセンターの過去問など消化不良を起こすだけ。

 

意味もなかなか分からないでしょう。よって、問題集はセンターのではなく、システム英単語の問題集を解くべきです。最低でも二週間で一周。最初から最後まで。根性があるのなら一週間ですべて終わらせることくらい出来るはず。

 

また本当に英語が苦手なら、普通のシステム英単語ではなくステム英単語BASICを使ってください。

 

これくらいやらないと残り10週間では非常に厳しいと言わざるを得ません。

3 英検準二級の過去問を解く。

単語をある程度覚えたら即問題演習。しかしまずは準二級の過去問などで肩慣らしをするべきです。基礎固めにもうってつけ。

4 センター過去問は時間を測って。

 

時間との闘いであるセンター試験。本当は80分は、あの程度の分量に対してはかなり長く、現役生が勉強時間で80分も時間を作るのはなかなか厳しいでしょう。

受験生は読むのが往々にして遅い場合が多いです。

よって一日目は1~4までを40分。二日目は5~6までを40分と分けて解きましょう。

 

もちろん80分で一気に解けた方が良いのは言うまでもありません。

高上では上記の学習法よりさらに速く効果の出やすい方法を展開していきます。

英語の勉強で結果が出ずに困っていませんか?
TEL:080-1885-3972
受付時間:10:00~21:00
年中無休(相談等については要予約)
※指導中はお電話に出られません。
お問い合わせページよりご連絡ください。