2017年度 第二回 英検1級~奮闘記~


公開日: 最終更新日:
みなさんおはようございます。それではお待たせしました。英検1級のレポート。私がぐっすり眠って、悪夢を見ている間に、頑張り屋の部下、倖田が夜中までかけてきちんと書き上げてくれました。受験中、どんな気持ちで受けていたのか、よくわかるレポートになっているかと思います。ごらんください。  

2017 年第 2 回英検 1 級 1 次受験レポート 2017 年1 0 月 8 日 ( 日曜日 )

~1 級合格者 (4 年前の ) が勉強量約ゼロで受験してきました。~

  試験前夜 2 時間と試験 30 分前に、パス単の後ろの熟語編を 44%(131/300) 暗記した以外は勉強していません。 1 年 4 か月ぶりの一次試験。落ちてると思うが、受けてきて良かった。受けないと鈍ってしまう。 私の選んだ肢は「鍵括弧」に表示。

【大問1】 英作ライティングの次、二番目に解いた。 20 分かけた。

(1) 「 3 」 (2) 「 4 」 (3) △ 「 2 」多分不正解。だが正解がわからない。 「政府がホームレスの問題にずっと〇〇〇である」の「〇〇〇」がわからない。 imploring を選んだが、政府が implore( 哀願する ) ことってアリか? 肢 3 の admonishing が正解か。しっくりしない。 admonish はパス単№ 0198( ~を注意する ) 。五か月前に勉強したが、完全に忘れていた。 肢 4 の swivel( 回転させる ) はダミーの肢と思われる。つまり、知っているのが無理な単語を肢にして、心理的に受験者を追い詰めるための肢。こういう肢は、華麗にスルー。 (4) 「 4 」 broach はパス単№ 0179( ~を切り出す ) (5) 「 1 」 (6) △ 「 3 」自信ない。しかし正解もわからない。 容疑者は主張した、強盗事件があった時には交通渋滞に巻き込まれていたと。刑事は〇〇〇と思った、町の多くの道路はその犯罪が起きた時に工事中だったから。 〇〇〇が plausible( 妥当な ) でいいのか? plausible は二義的に「もっともらしい」の意味だが、こちらか。 肢 2 の barbaric( 野蛮な ) はダミーかな。世界史のバルバロイ ( 野蛮人 ) 。 肢 4 の morose パス単№ 2016 ( 気難しい、不機嫌な )  私は勉強していなくて知らなかったが、パス単にちゃんと載っている。 (7) 「 1 」 (8) ×失点。正解は肢 4 だろう。私は「 3 」。パス単勉強している人は正解できる問題。 肢 4 の arcane パス単№ 1312( 難解な ) 肢 3 の decrepit パス単№ 1245( 老いぼれた =senile)   describe の派生語かと思ってしまった。 肢 1 の skittish( 物おじする , 移り気な , 気まぐれな , 扱いにくい ) はダミーの肢と思われる。 肢 2 の inclement パス単№ 0684 ( 荒れ模様の ) increment( 増加 ) と紛らわしい。 (9) 「 1 」 (10) 「 1 」 (11) 「 2 」 (12) 「 3 」 (13) 「 2 」 (14) 「 3 」 hereditary( 遺伝性の ) は 1 級に頻出だと私は記憶している。 (15) 「 2 」 (16) 「 4 」 (17) 「 3 」 肢 3   hit a snag( トラブルが発生する )  パス単には載っていない。 肢 1 の spree パス単№ 1851 ( 浮かれ騒ぎ ) 肢 2 の prop( 支持者 , 急停止 ) はパス単に載っていない 肢 4 の rout パス単№ 0155 ( を完敗させる ) パス単を勉強していれば、肢 1 と肢 4 は切れるから、カンで解くにしても、正答する確率 50% には持っていける。 (18) 「 2 」 (19) 「 4 」 (20) 「 1 」 (21) 「 2 」 (22) 「 4 」 肢 1 の tack on パス単№ 2362 ( ~を付加する ) 肢 2 の draw up( カーテンなどを引き上げる、 < 車 > を止める ) 肢 3 の bawl out パス単№ 2110 ( ~を激しく?りとばす ) 肢 4 の choke off( を一掃する , を妨げる ) パス単を勉強していれば、肢 1 と肢 3 は切れるから、カンで解くにしても、正答する確率 50% には持っていける。 (23) ×失点。正解は肢 3 だろう。私は「 2 」。 肢 3 の do up( ~を包む ,< 家など > に手を入れる ) は私は初めて見た。パス単にも載っていない。 肢 2 の rake in を rake 単体と混同させるひっかけ問題と思われる。 (24) 「 2 」 肢 1 の nod off パス単№ 2266( うとうとして眠り込む ) 肢 2 の pile in( ~に乱入する , 殺到する ) パス単に載っていない 肢 3 の poke around パス単№ 2296( 探し回る ) 肢 4 の chime in( 合づちをうつ , 口をはさむ ) パス単に載っていない パス単を勉強していれば、肢 1 と肢 3 は切れるから、カンで解くにしても、正答する確率 50% には持っていける。 私は試験開始 30 分前にパス単の熟語編の後ろのページを見ていて、 poke around を暗記していたので、絞れた。試験開始前ギリギリまで諦めず、単語帳は暗記するべきということなのか。高上の単語重視の方針の正しさを実感。 (25) 「 4 」 肢 1 の fend off パス単№ 2191(< 質問 > をかわす ) カンや動詞単体の意味からの推論で解く問題かもしれないが、パス単を勉強していれば、肢 1 は切れるから、正答する確率 33% には持っていける。   <追記> 上記の倖田が選んだものの正答率はかなり高く、結果25問中22問という好成績でした。私が10年前に英検1級に合格した時の第一問の正答数とほぼ同じ成績です。            

【大問 2 】 大問 1 の後、つまり、三番目に解いた。 23 分かけた。

(26) 「 1 」 underrepresent( 過少に発表する ) という単語は知らないが、 underestimate みたいな意味だろうと考えてた。 cast one’s ballot[vote] for( 人 )=( 人 ) に投票する この表現は知らなかった。 (27) 「 4 」 subject oneself to ~ = 自分自身を~にさらす この表現は知らなかった。 (28) ×正解は肢 2 であろう。私は「 3 」 methodology( 方法論 ) この単語を知らなかったが、 method+-ology か。 他の語彙 : underdog( 勝ち目の薄い人 ) lead up to ~ =< 時が > ~の直前である 動詞の project=estimate, forecast (29) 「 4 」 語彙 : quip= 皮肉を言う feeble= 弱い (30) ×失点。正解は肢 2 であろう。私は「 4 」 語彙 : hold a candle to ~≒~に手を貸す (31) ×失点。正解は肢 4 であろう。私は「 2 」 could have done に「…してしまっているかもしれない ( 未来完了の推量 ) 」の語法があることを私は知らなかった。 高上のTOEICの家庭教師            

【大問3】 ポイッ。

捨てた。 全部「 2 」に塗り絵マーク。「 2 」に塗り絵した理由は、大問 2 に私は「 4 」が多かったから。 解くのに時間がかかって 1 問たったの 1 点なら、捨てるのが戦略的に正解。 (←あくまで倖田の独断です(苦笑)) 大問 3 で肢 2 が正答する確率は単純計算して 20% 、つまり大問3での得点を 2 点と計算。 大問 1 大問 2 大問3の合計点は推定 26 点 /41 既にして合格可能性はないが、リポートは続行。   高上の大学受験数学の家庭教師          

【大問4】 一番最初に解いた。 57 分かけた。

英作ライティングの満点スコア 850 =リーディング全問の満点スコア 850 のため、頭がクリアなうちに焦らず英作したかった。 答案構成に 7 分 書くのに 50 分 TOPIC Should developed nations encourage immigration from other countries? 我が再現 I believe that developed nations encourage immigration from other countries. I have three reasons for my opinion. First, responsibility. Today some leaders in the supers argue that their own people’s welfare is the top priority. They are afraid that immigrants would deprive their citizens of job opportunities. According to history, however, developed countries are responsible for the poverty of poorer countries. Developed countries have exploited developing countries through unfair trade for many years. What’s worse, developed countries used to colonize other countries. Today’ s bad economic situation of developing countries is a result of these exploitation and colonization. Secondly, fundamental human rights. Most of refugees are forced to live a miserable life. Some of them are suffering from illness and hunger and others are suffering from abuse. Young children among them cannot receive enough education. These situations should be improved by efforts beyond borders. Accepting refugees is an effective way to save those sufferers. Developed countries can afford to do that. Finally, world peace. Although some politicians in developing countries insist on nationalism, which cannot solve today’s world’s situations. Developed countries have been so self-centered for many years, which have caused desperate people to resort to violence like terrorism. Developed countries should accept desperate people and give them an opportunity to live safely. Therefore, I certainly believe that developed nations should encourage immigrants. Considering today’s world’s situations, they cannot keep being blissful only themselves anymore.  

【リスニング】リスニングが苦手な上に勉強量完全ゼロな私の、主観による再現です。

英検1級合格体験記#1画像    

Part1

№ 1 「 2 」 会社の同僚らしき男女が仕事上の困った問題について相談している。その困った問題が聞き取れなくて困った私。 № 2 「 4 」私の記憶では過去問 夫婦らしき男女が、よそで見かける良い物件が売れ残っている理由について雑談。自分たちで買う気はないらしい。 № 3 「 3 」 車のドアが不用意に閉まってしまい、困った女がジャフみたいなところに「助けて」電話している。犬や小さな男の子も登場。 № 4 「 2 」私の記憶では過去問 女事業主がオフィスの賃借人。大家の事業が上向きで、賃貸借契約の期限が切れた後は大家が自分でオフィス使いたい。そのため賃貸借契約を更新してもらえなくなるので、新しいオフィスを探して借りなくてはならない。 № 5 「 2 」 学校が全館禁煙になり、煙草を吸いたい教師たち「私たちも吸えなくなるわけ?」「そうみたい」「そんなの無理」 № 6 「 2 」私の記憶では過去問 海外に仕事に行くことになった女「今の口座、使えなくなるんでしょう、もういらないわ」引き留める銀行員の男「海外でも使う方法ありますよ」女「じゃあ、その方法にするわ」 № 7 「 3 」私の記憶では過去問 携帯電話をリサイクルに出すエコな男が、携帯電話には有害物質が含まれているから、ただ捨てるのは NG とウンチク。 № 8 「 1 」私の記憶では過去問 新刊の本について、男「レビューほどじゃなかったけど、まあまあ」女「私は他のタイプの本が好きなの」 № 9 「 3 」 男「仕事が期限までに終わりそうにないです」女「そういうことは早く言ってくれませんか」紆余曲折→金出すから新しいスタッフを雇って一件落着の見込み。 № 10 「 2 」 飛行機会社で不祥事か業績不振か計画通り集客できなかった。「こういうことが再び起きないようにどうしたらいいのか」と三人くらいで話し合っている。若い男女がハグというエピソード入り。

Part2

№ 11 「 4 」 № 12 「 4 」 小惑星が衝突したとき、地球から他の天体にもデブリが行って、被害を与えた。生命体も入っていた。 № 13 「 3 」 № 14 「 1 」 外来種のナントカという木が環境に良さそうなので、植えた。だがしかし、水を吸い過ぎるらしくて川の水位低下。土壌の塩分が増え、在来種が減ってしまう。というわけで、ナントカという木を伐採することにした。だがしかし、川の水位が下がるのも土壌の塩分が増えるのも、原因は他にあり、ナントカという木のせいではなかったのである。だがしかし、ナントカという木の伐採は続行中。 № 15 「 3 」 № 16 「 1 」 下水管についているバクテリアなどを調べて、市民の健康管理や麻薬犯罪の取り締まりに役立てようというアイデア。 № 17 「 4 」 № 18 「 2 」 ある会社が、民間の会社としては珍しい(または初の)素敵な社会貢献をしている。他の会社と違って、小さな事業を素敵な方法で応援している。その素敵な方法が聞き取れなかった私。 № 19 「 2 」 № 20 「 2 」 プラスチック製品か何かの中のナントカというプラスチックか何かの物質が、食べ物になるのか食べ物を健康的にするのに役立つのか、私は聞き取れなかった。その物質を利用して冷蔵庫の重量を軽くできるみたいな話も。

Part3

№ 21 「 2 」 不動産屋。良い物件だけれども予算オーバー、予算内だが学校がそれほど近くない、予算も学校もピッタリだが近所が物騒、ほか。 № 22 「 3 」 翻訳してもらったスペイン語の医療ドラマ、医療の用語は正確だし、字幕も良く出来てるけど、視聴者が一般人だから、こなれた言葉に訳し直してくれませんか? № 23 「 2 」 ストレスの多い職場でこの先もやっていくおつもりなら、ご自分の精神衛生のために、今後二年間の人生設計をノートに書き出してみるのも良いですよ。ネットでも自己分析のサイトがありますよ。 № 24 「 4 」 都合に合った交通手段を模索。 № 25 「 1 」 ビザの発行か更新の手続き。

Part4

№ 26 「 3 」 № 27 「 2 」 最初は東京で仕事していた…電話使って家から仕事するのは快適…日本の会社は言語が事業の妨げになっている…シンガポールも…昔の上司は自分で決断して仕事を割り振ったものだったが、現在の上司の役目は部下が自分で決断できるように訓練すること…ほか 以上です。 6 時間にわたる 1 人反省会をお読み下さって誠にありがとうございました!         引用ここまで。  

~代表から~

英作文の問題を先に問いてきちんと書くというのは作戦としては正しいです。(50分はちょっと時間をかけ過ぎですが……。)高上では英作文の校正も行っております。我々日本人が見ますが、英検1級合格にも十分な英作文を指導することが可能です。詳しくはこちら。 今回は移民の受け入れについてで新傾向になってから最も簡単な出題と言えるでしょう。 YESなら労働力や高齢化に結び付ければいいし、NOであれば、例えば日本であればその特殊な国民性、文化の違いによって困ることや、単一民族ならではの利点、直接的、攻撃的な差別、排他主義は少ないことなどを語ればいいです。 英検一次試験も、難易度をいたずらに上げるということはせずに、二次試験を重視するその姿勢がより顕著になっている気がします。二次試験に日本人採点官がいる以上、私はもう受ける気など毛頭ありませんが、この英検という形式もいびつな日本の英語産業の中で、実用性を模索して様変わりしているのは倖田の言っている通りです。 本当に読解を捨ててしまった部下ですが、今受験を終えて一夜明け、一息ついている方、模範解答の発表をドキドキして待っている方とともに、やはり一次試験は合格していてもらいたいものですね。 日本にずっと居たならば、本当の闘いはそれからです。               この素点での結果が出ました。こちらをご覧ください。

本気で英検1級を目指すなら、プロに習ってみませんか?

英検cta

「質問内容が分からない」「時間が足りず全て解けなかった」は単語の暗記が足りていない証拠。

ターゲットや過去問題で英語はたくさん見てきても、試験本番でその単語が分からなければ覚えられていないという事と一緒です。 とは言っても今からまた全てを復習しなおすのも時間がない…というのが受検者の本音です。 高上では単語の成り立ちから教えますので、「pre」から始まる単語が「前」という意味を理解して単語を覚える事ができます。 「pre」「post」「en」「vac」「de」の意味も何も知らなかった私が、英検1級を合格するまで苦労した結果生み出した勉強方法です。 高上の体験レッスンを受けた方より「ここまでして初めて単語を暗記したという事になるんですね」という声を良く聞きます。 あなたはどんな問題を出されても単語から文章の意味を理解し、きちんと答えられていますか?

文法だけにとらわれない、英語の感覚を伝えられる独自の学習方法

言語によってSVOCの配置順が異なります。ましてや日本語でさえSVOCがバラバラでも何となく意味が伝わります。
SVOC化有
英語:出題文 ↓ 日本語:出題文をSVOC化 ↓ 日本語の文法に直してから意味を解釈 ↓ 英語で回答
高上独自のメソッド
英語:出題文 ↓ 英語の文法のまま単語から意味を解釈 ↓ 英語で回答
それを時間制限のある英検の試験中に英語から日本語に訳して理解し、さらに英語で回答する…。これでは時間が無くなってしまい、全問回答が厳しくなります。 高上ではSVOCの形にとらわれない読解法ですので、スピーディーな文章理解と回答が可能になります。その特訓も行いますので、英検本番に強い勉強方法と言えます。

授業のスタンスが受動的でなく能動的

一般的な塾の指導は教科書通りの順番で一方的に先生が話して進めていく受動的なスタイルですが、高上は違います。 教室は1対1での指導ですし他の生徒の声が聞こえない環境です。集中力が高く保てる環境で学習する事ができます。そして日本人独特の「間違えたら恥ずかしい」というような事も、他の生徒に聞かれることがありませんので自信をもって発言することができます。

まずは一度、体験レッスンにお越しいただきあなたの目でお確かめください。

先生との相性、どのような授業のスタイルなのかを知っていただいてからお申し込みをお願いしています。 「こんなはずじゃなかった…」と後悔してほしくない想いがありますし、自信をもっておすすめするクオリティです。

関連記事



カテゴリ:,
タグ:



関連記事