センター試験には80分も時間がある。


公開日:
読むのが遅く、解くのに時間がかかって80分では足りない。よく聞く話である。本当はリスニング力の欠如からくるものであるが、それは今の時期の受験生がこれから獲得しようと思ってもできるものではない。 とにかく時間を計って演習するべきである。 80分を取るのが大変なら

区切って解くべきである。

1~4まで40分。5~6まで40分とか。

また、多くの受験生が、読むのの遅さから、飛ばし読みに食いついてしまう。

これは絶対に勧めない。読み飛ばした箇所に答えのポイントとなるkey sentenceがあったら、解けないからだ。

確かに、センターの読解問題の本文の中にも答えと関係ない文はある。

しかし、それは読んでこそ、関係あるかどうかが分かるのだ。

読まずに飛ばして何が書いてあるかなど決してわからない。 こうして考えると私の英語への姿勢はつねに一貫していると自分でも思う。 こういうことは5年ほど前にもすでに気づいていたから。  

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事