三年間もあったのに~中学から数えたら6年間~


公開日:
今の高校三年生は、高校で三年間。中1から数えて他6年間も英語の勉強をしているってことだ。 しかし未だに私は、英語があまりにも苦手で、6年間も何をやってきたのだ?と驚かされることはあれど、学生の英語力が高くて驚かされることなどない。

それは北大や、東京外大、慶應、早稲田、引いては東大や京大に合格するような学生でさえである。

これらの大学に英語が得意で合格する学生を見てて思うのは

受験生にしてはまぁまぁがんばっているな

って程度。受験英語の基礎力はかなりあるが、表現力は乏しいし、さらに厳しく言えば、話すことも含めた実用英語能力。残念ながらゼロに近いと言わざるを得ない。 まぁ未だ客観性を保てないとの理由に、大学受験の英語の試験に口頭試問などないから当然と言えば当然だが。

もしそこに正面から取り組んだら、残念ながら、上記の生徒たちでさえ絶望するだろう。

己の英語能力のなさに。英語で会話をするという果てしなき道のりに。 私が英語に自信を持てているのは、結局はその絶望的な挑戦に、英検1級取得後、

真正面から取り組んできて、今でもその闘いは続いているからだ。

関連記事



カテゴリ:,,,
タグ:



関連記事