分かることと解けること。その大きな違い。


公開日: 最終更新日:
予備校の授業を受けて満足する生徒は非常に多い。それはそうであろう、プロがいかにしたらわかりやすく伝わるか考えた上で、授業を展開しているのだから。 しかし、ここで気づいてほしい。

分かることと解けることは全くの別物である。

授業では解くのは主に講師だ。受験生は聴いてノートを取ればいい。 しかし本番は自力で解かねばならないのである。

そこには単語の意味を教えてくれる講師など、どこにもいない。

特に、英語はただ単語を覚えたからと言って、それだけでできるわけではない。 私は単語の必要性を強調しているが、

単語を覚えたらそれだけで十分とは一度も言ったことがない

結局文を理解できなければどうしようもないのだ。 とくにこの時期、不安から自力で解くことを避けて他人の解説を聴くことに流れていく生徒は多い。 現実から目をそらさないように。

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事