努力の代行をしている気分だ。ここまで来ると。


公開日:
今日も英文法の基本プリント(英作文形式)を作成した。 本来、努力は生徒がすべきであり、講師が学ばなくてはならないことが多くあるようだと、それは講師失格であるように思う。 普段生徒に問われて分からない質問などまずないし、正直授業の準備に時間がかかるなんてこともない。 結局やることは単語を

生徒本人に暗記させる

ことであり、生徒によっては一回で済んだり、複数回必要になったりするが、結局同じことを多くの生徒に俺は繰り返している。 それが仕事だとも思っている。 しかしだ。 受験も佳境に入り、ボーダーギリギリ、もしくはそれを下回っている場合、それは本人の怠慢によるものがほとんどなんだけども、俺は生徒を何とかしてやりたくて、結局生徒が頑張らない分まで俺が頑張ってプリント作ったり、より効果的な本を探したり(断言てもいいが、センター前から使っていてろくに効果が出なかった参考書や単語帳など、これからの短い期間使い続けても効果などでない)と、かなりの手間暇をかけることになる。 そしたらやる気のない生徒も頑張ったりする。

先生がこんなに頑張ってくれているんだから、僕も私も頑張ろう。

みたいに。 本来順序が逆だが、大学受験は時に一生を左右する。

偏差値などではない。本人が入った後に何を学べるかに関わってくるからだ。

そこに満足して入れるかどうかの違いは大きい。 受験勉強など、受験以外にはあまり役に立たないことを考えたらなおさら。

これからが本当の勝負である。

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事