北大医学部のボーダー


公開日:
国語が跳ね上がった分、かなり今年は高い。 88パーセントでC判定ってところ。 やはり90パー前後でひしめいていて、そこらへんでの勝負だろう。 やはり注意は

英語に偏りすぎないようにってことだ。

英語ははまりやすい科目である。しかし時間を多く奪う科目でもある。

他の理科系の科目に対し、二次で7割から8割に上げるのはかなり難しい科目だ。

最低でも7割取れるようにして、あとは理系で確実に8割ずつ確保すれば勝利は確実になる。あとは、得点化される面接も忘れずに。

英語においては、ターゲット1900をすべて定着させておくことと、速単の上級編をきっちり理解しておくこと。

それくらいの地力はほしいだろう。  

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事