私立医学部の闘いが始まった。


公開日:
岩手医科大。問題は回収されて、こちらとしても判断の使用はないが、北は札幌から、南は福岡まであった試験会場に加え、今年からさらに名古屋会場もできたりと、どんどんレベルが跳ね上がって行くのは直に感じられる。 一次の合格発表はすでにあったが、札幌の200人規模の会場でいったい何人受かっただろうか?疑問に思う。 それなりに一次合格者は出る試験のはずだが、50人なんて通過したりはしていないはずだ。 確実に受かろうとなると、該当科目でセンターで9割をとれる力が必要であろう。 昔あった高い授業料を払いさえすれば、私立の医学部なら入れると言った状況は、完全に崩れ去ったと思っていい。 帝京の医学部や、川崎の医、日大の医なんかに関しても状況は同じであろう。  

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事