模試はあらかた終わったが


公開日:
センタープレも多くの高校で終わった。南高など一部では12月に実施予定なようだが。 河合のセンタープレはごく妥当な難易度であったようだ。容易な部類にも入るのだろう。 ここで一つ注意がある。 ベネッセの模試は、センターの簡単な難易度に合わせて作ってある。 河合の模試は、センターの標準的な難易度に合わせて作ってある。 ということは、上記二つの系統の模試のみ受けた場合、

緊張している本番の方が何かしらの科目で難しい問題が出る確率はかなりあるのだ。

これはあまり望ましいことではない。 練習よりも本番の方が難しいのである。 しかもセンター試験は近い将来廃止になるのが既定路線である。(らしい)

大抵、試験というのは、終わりに近づくと煮詰まって難しい問題が出る物なのだ。

結論は一つ。別名東大予備校である駿台のセンタープレを受けるとよい。  

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事