過去問は80分で


公開日:
この時期なぜか過去問を苦手な分野だけずーっと遡ってやった方がいいのでは?と質問を受けることがある。 例えば第一問の発音、アクセントが弱ければそこだけ遡るとか。

正直ちょっと間の抜けた話である。

本番は80分である。英語が苦手な生徒の多くが80分英語を読むと疲れるとか、時間が足りないとか異口同音に言う。

普段から80分で読んでいない生徒が、本番で80分で読めるわけがない。

しかし英語に毎日80分かけるわけにもいかないこともあるだろう。 時間配分でいえば、数学や、国語の方がキツイし。

それならば英語は一日目1~4問まで40分 二日目5~6問で40分と分割するくらいは仕方ない。

もし上記の勉強が出来ての上ならば、苦手な分野を遡ってもいい。

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事