札幌|英検1級・英検準1級・英検2級の勉強法を指導!マンツーマンの個人塾高上。札幌の高上は中学生、高校生を始め、主婦や社会人、お年寄りに英語の指導を行います。英検1級、英検準1級、英検2級は学生うちに合格しておくと受験や就職に役立ちます。
英語の勉強で結果が出ずに困っていませんか?
TEL:080-1885-3972
受付時間:10:00~21:00
年中無休(相談等については要予約)
※指導中はお電話に出られません。
お問い合わせページよりご連絡ください。
公開日:2018年5月15日

みなさんこんばんは。高上代表佐藤一行です。年度も変わりましたし、本日は改めて高上での単語の暗記について述べておきます。

高上は有料の体験授業をまずは行う。

高上にて、私の体験授業を受けた生徒は継続となる生徒が多いのですが、もちろんみなさんが継続を決めるわけではなく、やはり御縁がなかったとなる生徒さんも中には居ます。有料での指導ですし、それはそれで一つの流れとして受け止めています。

 

単語の暗記の必要性を認識するはずが

その最たる理由を聞いてみると、

「英単語の暗記は自分でできる」

というものが最も多いようです。

もちろん英単語の暗記は自分一人でもできます。

ただ効率を考えてみた場合はたしてそれで十分でしょうか?

 

英単語暗記の現状

高校生を中心に浪人生も含めた受験生にはあまり時間はありません。それは社会人でも同じことです。

私が見てきたが多くの生徒の中で、結局結局英文が読めていないのは、知らない単語が多すぎるということに帰着し、また早慶に代表されるような、受験の中ではややレベルが高いとされる英文において確実に正解を選ぶ決め手となるのは英単語であることがとても多いのです。

英検1級においてはその傾向がより顕著です。

それでも、普段指導をしていて単語の暗記をないがしろにしている生徒がとても多いという印象は否めません。

自分でできると思っているのであれば、なぜ今までこんなにも英単語の暗記ができてこなかったのか?と私は疑問に思うことも多々あります。

 

単語暗記への甘い認識

英単語の暗記というと、電車やバスの中でのみすき間時間を見つけてやるものだと認識していたり、単語テストの前に、一夜漬けで覚えているだけだったり、定期試験の前に焦って定期試験の範囲の単語のみを覚えるという場合も多いようです。

根本が間違っています。

 

最優先すべきは単語の暗記

英単語の暗記こそ英語学習の一番最初に持って来るべきこと、最優先すべき学習事項なのです。

毎日英語の学習において一番最初に英単語の学習を持って来るべきなのです。

きちんと机に座り集中して音声を聞き発音に気をつけながら丁寧に例文を音読していく。

今これを読んでいる方で、単語を自分で覚えようと思うのであれば、ぜひ毎日30分集中して例文を音読してみてください。そうそう楽な話ではないことがすぐに感じられるでしょう。

そしてその繰り返しこそが受験生レベルにおいて語彙力を強化していく方法なのであり、それが結局は生徒本人の英語力を高上させ、合格へと導いて行くのです。

 

簡単に短時間で覚えられると思っている。

生徒が独自に英単語を覚えていく場合、こういう観点が抜けていることが非常に多く、結局は本番で知らない単語だらけになってしまうということが多いように感じます。

逆に宿題で英単語を覚えきれなかったとしても、英単語の暗記自体を高上の教室内でしていけば、かなりの速度で単語を暗記していくことができるのは事実です。

なぜならば、私は生徒の単語の暗記が定着するまでは、先には進んでいきませんので。

 

新時代の英単語の暗記法

これからの英語学習において、英単語の覚え方も変化が出てきてしかるべきと私は感じています。

そもそも、今までも、一部の生徒には

「実は、英単語において、日本語訳を覚えいく方法は、実用的な観点からはあまり良い方法とは言えない」

とは伝えてきました。

いまだに日本の大学受験の英語では日本語訳を問われることがかなりあるので、日本語訳というものを覚えさせなければいけないことは多々あるのですが、本当は英語は英語で理解していくべきのです。

 

英語を英語で理解する

英語で英語を理解するというのは何native speakerに英語を習うことだけを意味するのではないと思うのです。

実際に英会話教室は札幌市内も含め日本全国にあまたありますがせっかく外国人の講師に英語を習っても英語を英語で習えていない生徒さんは非常に多いように思います。

要は英語で物事を説明された場合、土台となる英単語自体があいまいなため外国人の説明がきちんと理解できていないのです。

高上での指導法

高上では、生徒の実力に合わせて、英語で英語を学ぶ最初の段階としての英単語の暗記方法も提示していきます。

外国人にならう場合と違って分からないことは日本語で直接質問し私も日本語で英語の感覚を丁寧に伝えます。

発音が悪いと恥ずかしく思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、個室指導のため周りの生徒やほかの講師にご自身の英語の音読を聞かれることは一切ございません。

結局のところを英単語と向き合う気持ちがどれだけあるのかどうか?

私の言っていることの信ぴょう性をどれだけ理解できるのか?

そこの部分が高上での指導の継続の可否に強く影響を与えてったおり、引いてはそれが大きな差となって、結果に表れてくるものだと私は確信しております。

この記事のキーワード

本気で英検1級を目指すなら、プロに習ってみませんか?

英検cta

「質問内容が分からない」「時間が足りず全て解けなかった」は単語の暗記が足りていない証拠。

ターゲットや過去問題で英語はたくさん見てきても、試験本番でその単語が分からなければ覚えられていないという事と一緒です。
とは言っても今からまた全てを復習しなおすのも時間がない…というのが受検者の本音です。

高上では単語の成り立ちから教えますので、「pre」から始まる単語が「前」という意味を理解して単語を覚える事ができます。
「pre」「post」「en」「vac」「de」の意味も何も知らなかった私が、英検1級を合格するまで苦労した結果生み出した勉強方法です。
高上の体験レッスンを受けた方より「ここまでして初めて単語を暗記したという事になるんですね」という声を良く聞きます。
あなたはどんな問題を出されても単語から文章の意味を理解し、きちんと答えられていますか?

文法だけにとらわれない、英語の感覚を伝えられる独自の学習方法

言語によってSVOCの配置順が異なります。ましてや日本語でさえSVOCがバラバラでも何となく意味が伝わります。

SVOC化有
英語:出題文

日本語:出題文をSVOC化

日本語の文法に直してから意味を解釈

英語で回答
高上独自のメソッド
英語:出題文

英語の文法のまま単語から意味を解釈

英語で回答

それを時間制限のある英検の試験中に英語から日本語に訳して理解し、さらに英語で回答する…。これでは時間が無くなってしまい、全問回答が厳しくなります。
高上ではSVOCの形にとらわれない読解法ですので、スピーディーな文章理解と回答が可能になります。その特訓も行いますので、英検本番に強い勉強方法と言えます。

授業のスタンスが受動的でなく能動的

一般的な塾の指導は教科書通りの順番で一方的に先生が話して進めていく受動的なスタイルですが、高上は違います。
教室は1対1での指導ですし他の生徒の声が聞こえない環境です。集中力が高く保てる環境で学習する事ができます。そして日本人独特の「間違えたら恥ずかしい」というような事も、他の生徒に聞かれることがありませんので自信をもって発言することができます。

まずは一度、体験レッスンにお越しいただきあなたの目でお確かめください。

先生との相性、どのような授業のスタイルなのかを知っていただいてからお申し込みをお願いしています。
「こんなはずじゃなかった…」と後悔してほしくない想いがありますし、自信をもっておすすめするクオリティです。

この記事の著者

一行
一行
英語指導者。そしてそれはまた英語学習者でもあるということ。国内において、日々臨界期仮説に正面から向き合う。札幌市内全域。特に、札幌周辺、大通り、丸山近郊にての英語指導が可能。
記事一覧

著者一覧

一行
一行

英語指導者。そしてそれはまた英語学習者でもあるということ。国内において、日々臨界期仮説に正面から向き合う。札幌市内全域。特に、札幌周辺、大通り、丸山近郊にての英語指導が可能。