札幌|英検1級・英検準1級・英検2級の勉強法を指導!マンツーマンの個人塾高上。札幌の高上は中学生、高校生を始め、主婦や社会人、お年寄りに英語の指導を行います。英検1級、英検準1級、英検2級は学生うちに合格しておくと受験や就職に役立ちます。
英語の勉強で結果が出ずに困っていませんか?
TEL:080-1885-3972
受付時間:10:00~21:00
年中無休(相談等については要予約)
※指導中はお電話に出られません。
お問い合わせページよりご連絡ください。
公開日:2019年11月4日
最終更新日:2019年11月12日

英語学習の変革期 最高峰とされる英検🄬1級一次試験。合格ラインの実像に迫る。

 

 

注)今回の記事は、高上代表である私、佐藤一行が、いくつかの英検🄬1級一次試験の結果を元に独断で述べている記事であり、決して英検協会の確認を得たものではありません。言い換えると、それくらいに突っ込んだ内容が書いてあります。

 

皆さんこんにちは。高上代表、佐藤一行です。 CSE スコアが2016年に4月に導入されて早丸3年が経ちまします。

大学入試共通試験で英検🄬などの民間の試験を利用する事を1年間、文部省が正式に向けることを発表したり、とその混乱とともに、英語学習を取り巻く環境が 今大きな変革気を迎えていることは間違いありません。

そんな中一つの目安とされるのが、日本の英語学習の最高峰英検一級。

第一問の語彙問題のレベルの高さから非常に難解であり時にネイティブスピーカーでも大苦戦するなどと言った噂がまことしやかに囁かれていますが、それは一部の人の話。ネイティブスピーカーが英検🄬1級の合格だけを目指した場合、実際には そこまで 困難なことでもないことが判明しております。

今回は、 私の部下がなんと合格点ちょうどの2028点を取りましたので このYの 正解を細かく分析しながら2028点という点数に迫りたいと思います。

 

試験2日前 Yから連絡があった。

「もう受かる確率は低いと思われますので、お支払いいただいた受験料をお返ししたいです。」

そう告げられた。なんでも相当に忙しく英検1級対策がほとんどできていないという。

私は、

「落ちてもいいから、君が採用試験でそうしたように精いっぱい頑張ってきなさい。それだけで十分だから。」

とだけ伝えていた。ただ、ここまでYが言うのなら、やはり合格は厳しいのだろうと内心思っていた。

そして試験を終え、Yから連絡があった。

ほぼ間違いなく落ちることを確信した。語彙問題の正解は25問中たったの7問だった。

それを聞いた時、私は落ちたと思いました。

高上の講師でありながら、語彙問題の正解がたったの7問。

非常に忙しかったのもあってパス単熟語英検1級など英検一級 に必須の英単語帳の勉強をまるでして来れなかったと言うY。

しかしそんなことは単なる言い訳に過ぎず、英検を受ける受験生は、たいてい大なり小なり忙しい物なのです。

ただし私は、 普段のYの 真摯な仕事への向き合い方から責めることは一切しませんでした。

しかしそれと同時に、かなりがっかりしました。

英検1級には語彙が必須。

そう信じてきたからです。

 

意外な結果を知らされる。

落ち込み反省を述べるYに対し、気にすることはない旨伝え 結果が出たら詳しく知らせてとだけ伝えて私はもう完全にYの今回の英検一級合格を諦めていました。

そんな折合格発表の日になって、なんとYから合格点丁度で受かったと知らされたのです。

語彙問題は失敗していたが読解問題ではかなり正解できていたY。ここに実物を載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで私は第一問reading に置いて語彙問題の1問と読解問題の1問が CSE スコアに与える影響は全く同じだと思い込んでおりました。

しかしそれが違ったのです。

今回はYが正解した語彙問題は25問中たったの7問。

一方読解は16問中13問正解しておりました。

単純計算すると、満点は850点ですから、 正答率が半分以下なので、単純計算だと420点ほどとなりますが、実際にはそんな CSE スコアにはなっておらずYのCSE スコアは640点なのでした。

単純計算とは200点以上の差があります。

なぜそんなことが起きたのか?

①受験者の得点分布に救われた。

英検のCSEスコアの算出方法は英検の公式サイトでも明らかになっていません。ただし、実際には、受験者の正解数によって、右肩上がりに点数が伸びない仕組みになっていることは確認されています。

全問正解や正解数0の付近では傾きが急になり、正解数が半数ほどであると傾きがかなり緩やかになるのです。

つまり、readingの正解数が20問から28問程度であると、あまり大きな差はつけられず、640点から680点程度に収められることが予想されます。

 

②語彙問題と読解問題では、CSEスコアに対する影響がかなり違う。

これもかなり強く予想されることです。readingで全く同じ正解数でも、CSEスコアは異なってくるのです。

これは語彙問題よりも、読解問題の方がCSEスコアに対する影響力が大きいことからくると思われます。

よって読解問題を捨てる、といった作戦は厳禁ということになります。

これらのことはYが頑張って受験して、まさしくまさかの合格点丁度をたたき出してくれないと、わからないことなのです。

writing ここができていなければ、合格はないと思っていた。

Writing Yは 最初30分ほど使ってかなりある程度は納得できるものを書いたようです。

それでも結果は合格者平均には届かない。本当によく受かったものだと思います。

ただ、やはり私は英作文を先に書くようアドバイスをしてよかったと思いました。

 

英作文をなぜ先に書くべきなのか

これは私の持論ですが英検においては必ず英作文を先に解いた方が良いのです。

理由①そもそも日本人は英作文を書くのに時間がかかる

発信型の英語が必要などと言われておきながら日本の英語では、まだ従来の英語教育文法偏重的な学習がある程度横行しているように思われます。

Obliged をすごく感謝しているなどと言って訳していたり、 そうかと思ったらthink deeply は間違いなどと言ってしまったり、英語の音声的蓄積がほとんど感じられないような講師も非常に多いのでそれも致し方ないことなのかもしれません。

このように実際に使う英語と使わない英語という判断は、文法をいくら勉強しても決して身につけることができず結局は膨大な量の音声的蓄積がなければ判断ができないのです。

だからこそ英作文を書くのにも時間がかかるのです。英語の表現自体が思い浮かばないことになりますから。

理由②考えたこともないようなお題がかなり出る。

これも英検の英作文の特徴ですが、日本語でも考えたことのないようなお題が出されることがあります。

前回など、新薬の開発についての話題であり、普段薬に興味のない人にとってはかなり書きにくかったでしょう。

要は、日本語で書けと言われても答えに詰まるような出題もされるから時間がかかるのです。

 

リスニング。ここが勝負の分かれ道。

思い返すこと半年、 高上の入社試験の時から、試験時間中その難易度から諦める 採用希望者が多い中、Yは最後まで時間を使い切り自分の持てる力を全て発揮しようとしていました。そしてそんなYがもっとも得とする項目は、最近難化の著しいリスニングなのでした。高上の採用試験では実施していない分野です。

リスニング難化の波が押し寄せる

近年の英検の特徴に関して最も強く感じることは リスニングの難化です。

帰国子女が増えリスニングの力はそれなりなので、 満点を取られることも増えたからでしょう、日本国内のみの英語学習者への配慮などあまりなしにリスニングは、かなり厳しい出題傾向になってきました。

例えば、最近毎日10分の隙間時間での英語学習とか聞きますが、そのなものでは何の役にも立ちません。

そもそもたった10分の隙間時間で英語を勉強して言語能力を高めようなどというあさましい魂胆しか持ち合わせていないのなら、英語の勉強などやめてしまえ!!

と私は思います。

そして、そんな私のような想いもくみ取ってか、リスニングの難易度の変化が最もよく見られるのが英検一級だと思うのです。

再び発揮されたYの底力

元々 Yは、言語能力を習得する上で、根幹を成すリスニング力が高く、 IELTS においてlisteningで8.0を取っていました。

これは日本人では かなり出しにくいスコアです。

英語の耳がそれなりにしっかりしていると言えるのでしょう。

その力を発揮して、27問中、23問の正解。

他二つは合格者平均に及んでいないのに、listeningの点数によって一気に引き上げられて英検1級一次試験に見事合格することができたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この事実から私は以下の結論を出しました。

CSE スコアが導入されてもその実態は変わらない、と。

一点突破が可能な英検。

以前から英検1級において、一芸に秀でているものの合格は確認されていました。英作文だけやたら得意だ、とか。それをなくすために導入されたはずのCSEスコアです。

ただ、以前ほどではないにせよ、合格者を出さなければ試験として機能しなくなるので、結局は現在の英検1級においても、一点突破は可能であると断言できます。もちろん英作文だけ得意であとは全くダメということならば、話になりませんが。

だらかこそ私は、今英検一級に尻込みしている受験生に言っておきたいのです。

武器を身につけろ、と。

listeningでも良い、 readingでも良いwritingでも良いのです。

どれか一つだけでいいですから英検の1次試験においてもたじろぐことのない力を身につけて受験をしてみると良いのです。

合格後せっかく身に着けたはずのその武器が、真の実用英語の前にはほとんど役に立たないようなものであると実感し苦痛を味わうことになったとしても、です。

実用英語では、NewYork Timesやwall street journal など、語彙のレベルは英検1級の比ではありません。当たり前の話ですが、知らない固有名詞もたくさん出てきます。writingにしても、きちんとした教官に日本人の英作文を添削された場合、半分にも満たないでしょう。listenigだって、なまっていたり、早口だったり、スラングをしゃべられたりで、ちんぷんかんぷんでしょう。タクシーで運転手の言っている言葉ひとつ正確に聞き取れないかもしれません。

だからこそ私は主張するのです。

spelling Bee の恐ろしいレベルの高さを踏まえた場合、読書が好きなアメリカ人の小学生であれば低学年でも受かるであろう英検一級などで立ち止まっているのは非常にもったいない。

私が英検一級を取得したのは、 今からもう15年ほど前のことですが、その後にアメリカ人向けの英語のニュースを見てろくに理解できない自分に気付き、ただぼんやりとした苦痛を感じたことを今でも覚えています。まだまだネイティブスピーカーと対等にとは言えませんが、本気を出したら8割ほど理解できるようになったのはつい最近のような気もします。15年も訓練を続けてきてです。

センター試験の英語で必要な3,000語程度の英単語を知らない・理解していない

 

 

 

 

 

 

だからこそ、もしこれを読んでいて、英検1級って恐ろしいなぁって思っている人がいるならば、ぜひ一度勇気を持って受けてもらいたい。見切り発車だっていいのです。そこで得るものがあります。かなり珍しい例でしょうけれど、語彙問題でたったの7問の正解でもこうして受かることだってあるのです。

普段 とても誠実に仕事をしてくれるYに

よく頑張ったね

という言葉とともに今回のブログは締めくくります。

無事、二次試験を突破することを願って。

高上代表 佐藤一行

この記事のキーワード

この記事の著者

一行
一行
英語指導者。そしてそれはまた英語学習者でもあるということ。国内において、日々臨界期仮説に正面から向き合う。札幌市内全域。特に、札幌周辺、大通り、丸山近郊にての英語指導が可能。
記事一覧

著者一覧

一行
一行

英語指導者。そしてそれはまた英語学習者でもあるということ。国内において、日々臨界期仮説に正面から向き合う。札幌市内全域。特に、札幌周辺、大通り、丸山近郊にての英語指導が可能。