新しくなった英検1級。英作文については、高上で習うのであればおそるるに足りず。あれは二次試験の予行演習である。


公開日:
今日、改めて英検1級の変更点について本屋で確認していたところ、 全く大した変更ではない との確信に変わりました。 公式な発表で使われている 「経済発展は、環境問題よりも優先されるべきか?」 との問い。 一つ言いましょう。 どちらかの答えでいいなんてことはなないのです。 具体的には、上の問題、もしYESと答えてごらんなさい。経済発展が環境問題を差し置いてでも優先すべき理由 を語らなければいけなくなります。 単に経済発展が必要な理由を言えばいいわけではないのです。 これは結構な難題です。 しかしNOと言ったらどうなるでしょうか? 1環境問題は人体に深刻な影響を与える。 ある程度詳しい人ならこれを使って理由を三つくらい簡単にかけます。 地球温暖化による熱中症。 砂漠化による水不足による被害。 オゾン層の破壊による皮膚への悪影響。 これらは立派な経済を差し置いてでも止めるべき事態との理由にできます。 海面の水上昇も理由には使えますが、あれは例えば北極では新しい経済競争がすでに資源をめぐって始まっていますし、南極の氷が解けたら水位が上がるが、北極の氷が解けても水位は上がらないし、陸地を浸食したりはしない との事実もあるので、注意が必要です。そもそも健康被害につなげにくいですし。  

語数について

これまた心配する必要などありません。 およそ20~30分程度の時間で英語をたったの220語程度も書けないのであればそもそも英検1級を受ける資格などなし ってことです。 色んな事に興味を持ち、色んな事に英語で触れる。簡単なようでいて、実際に行うことは難しいでしょう。言うは易し行うは難しといったところでしょうか。 せっかくなんで出そうなトピックを私が独断で上げておきますね。私の独断は結構当たりますよ。 センター試験前日に He had his money stolen. についてこれ出そうだぞーって言ったのに、次の日生徒が長文を優先し、時間切れで文法問題解けないで帰ってきたときはがっかりしました。(その娘は志望大学には受かってます。念のため。) そのほかにも freshとfleshの違いとか授業中言ってた記憶あるんですが、果たして今年一月に活かせたのかどうか。 そもそも受験の英語など ターゲット1400とターゲット1900をきちんと読み込んで定着させれば北大レベルまでは十分対応できるんです。 話がそれましたね。

英検1級の英作文。予想される問題。

もちろん環境問題とその経済的対価。 デフレとインフレの効用と副作用。 日本の文化の中で海外で影響力を持つものは何か。 海外から多くの旅行客をどのように受け入れるべきか。 移民をもっと積極的に受け入れるかどうか。 オリンピックの開催は経済的に効果があるといえるかどうか。 スマートフォンによる人間同士のコミュニケーションの変化。 インターネットによる犯罪の増加と抑止。 世界遺産に登録されることによる利益と不利益。 ペットブームにおける利益と不利益。 ざっと考えただけでもこれくらいありますね。 高上では上記の課題に対する英作文への添削も可能です。 さらにはこれらの英作文はそのまま二次対策になるものもたくさんあります。 むしろ二次の難しさから、一次と二次への橋渡しとしての役割を今回の英作文の改変がしたようにさえ思えます。 英検1級は、多くのネイティブスピーカーが受けても落ちるような試験。しかし、国語が得意な外国人なら割と苦労せず受かる試験であることもまた事実。 現在私は出先の仕事が多すぎて、なかなか高上の仕事ができない状況ですが、1~2人くらいなら曜日によっては指導可能です。例え習わないのであっても、気軽にお問い合わせくださいね。            

関連記事



カテゴリ:
タグ:,,,,,,,,,



関連記事