英検1級合格体験記#4 2次試験(面接)での課題と対策


公開日: 最終更新日:
TSU745_kanransya-thumb-815xauto-19566

つかみどころのない英検1級の二次試験採点基準

一次試験は単語をきちんと覚えて読解力をつけ、英作文でそこそこの点を取ってリスニングの地力を上げれば受かります。 それに比べて二次試験は一次試験と違い、点数こそ分かるけれど、一度試験が終われば自分が何を話したのかきちんと再現できないので、試験内容に対しての実感が持てない上情報もあまりない為、当時の私は大苦戦しました。

二次試験は何回も受けられるわけではありません。

正直に言いますが、私は英検1級の二次面接を4回受験しました。 合格したのは、三度目の挑戦ならぬ、四度目の挑戦でです。 あれを落ちてはまた大変な一次試験からのやり直しになるところでした。 北海道では、英検1級合格者は毎年30~40人しかいないとの情報もあります。 実際私が一次試験に受かって二次試験会場に行ったところ、5人前後しか受験生がいませんでした。 逆に東京会場では、大会場に何百人と一次試験突破者がいて、自身の順番が回ってくるまでにもかなりの時間があります。 落ちて次が免除になると言っても、受験料は再びかかるので、できれば一回で英検1級の二次試験を合格をしたいところですよね。

二次試験では、日本語で問われても答えにくい内容が出題される

二次試験においては、
相撲を英語で説明せよ? エコツーリズムとは何か? 厳しいしつけは、教育に有効であるか? インターネットを使うことによって家族間でのコミニュケーションが阻害されるか?
など、日本語で問われても答えにくい問いがどんどん出題されます。 英語の勉強もそうですが、こういった知識もどんどん吸収していきましょう!

まずは二次試験のスケジュールを抑えましょう。

英検1級の二次試験形態としては面接官が2名いて、以下の内容で進んでいきます。

英検1級の二次試験内容

自由会話 面接委員と簡単な日常会話を行う。
スピーチ 与えられた5つのトピックの中から1つ選び、スピーチを行う。
Q&A スピーチの内容やトピックに関連した質問に答える。

二次試験の受け方

面接委員とは、すべて英語でコミュニケーションを行います。面接試験中にメモ・写真撮影・録音などはしてはいけません。二次試験当日の流れを事前にご確認ください。 1:入室 係員の指示に従い、面接室に入ります。 2:「面接カード」を渡す 係員に「面接カード」を手渡します。 3:着席 面接委員の指示に従い、着席します。 4:氏名の確認と簡単な日常会話 最初に氏名の確認をし、簡単な日常会話をします。 5:「トピックカード」を受け取る 面接委員から、5つのトピックが書かれた「トピックカード」を受け取ります。 6:スピーチの考慮時間(1分間) トピックの中から1つを選び、スピーチの内容を考えます。考える時間は1分間です。メモをとることはできません。 7:スピーチ(2分間) 面接委員の指示で、スピーチを始めます。スピーチの時間は2分間で、それ以上続く場合は、途中でも中止させられます。 8:Q&A(4分間) 面接委員からスピーチの内容や、トピックに関連した質問が出題されます。 9:「トピックカード」を面接委員に返す 試験が終了したら、「トピックカード」を必ず面接委員に返してから退室します。 10:退室 退室後は、すみやかに会場から退場します。控室へ戻ったり、待機中の受験者と会話をしてはいけません。
※引用:日本英語検定協会 要は、最初に会話をしてカードを渡され、1分間で5つのトピックから1つを選んで、スピーチを考え、面接官に発表するのです。 平成28年第1回よりICレコーダーによって録音もされていますから、より公平な採点がなされます。 私の4回の二次試験挑戦を覚えている範囲で書きます。

二次試験面接1回目

厳しい刑罰が、出所後の犯罪率の減少に役に立つか? と言う問いに対して、普通に解答の二次試験用の答えを覚えていたけど、全く合わずに撃沈。 1つ述べておきますが、英検1級の二次では、旺文社の二次対策のモデルアンサーなど何の役にも立ちませんよ。 言っていることが非のつけようがないくらい整い過ぎですし、そのまま問題は出ませんから。
さらに言うと、試験官が「自分の言葉で話してください」と英語で注意してきましたからね。
この時の私は、そんなこともしらなかったわけで。まさしく情報弱者でした。 少なくとも今これを読んでいる皆さんはそうならないだけの情報は得たわけで、くれぐれも旺文社の過去問のモデルアンサーの丸暗記はしないでください。 役に立つのは、雰囲気をつかみやすいDVDの方ですね。 (もちろんその中でのモデルアンサーも使用不可です。) 試験官だって途中、「給食費」とか日本語で言い出したのに、やっぱりそんなことはこちらの有利には全く働かずでした。

二次試験面接2回目

普通に頑張って勉強したつもりが、またも撃沈。 何を問われたかも覚えていませんでした。 無意味に手ごたえだけ試験直後あったから、いかに、甘かったかがうかがえます。 2回目のあと、このまま独学で勉強し続けてのチャレンジでは厳しいと思い英会話を習い始めました。

二次試験面接3回目

ペットについて問われ、英会話の甲斐あって合格!! …となるはずがまたも失敗。 さらに私は、最後に血迷ったか試験官に対しsee you (またねの意味)と言ってしまい、ほんとうにまた会う羽目になりました。 そもそも英会話の先生は、英検のスペシャリストではないです。 英検について、詳しくもなんともありません。 惜しいわねと言われ励まされたことをよく覚えています。 それでも私は先生の所為などにはしませんでした。 このままでは落ちると思って、この時点で私は自分で発想を切り替えました。
言われたことをたったの1分で考えて即興で答えるよりも、最初から自分で作りこんでおけばいいのだと気づいたのです。 制限時間が1分だったのが、今度与えられている時間は次回までの3か月ですから、その差は雲泥です。

二次試験面接4回目

これが落ちたらまた一次試験からのやり直し。最後のチャンスの4回目です。
「厳しいしつけが、教育にとって有効か?」
との問いに対して、なんとか、作ってきた自作の英作とかぶるものがあり、それを暗唱して、 修正を加えて、見事合格!! ほんと緊張しました。 受験生の甘い願望として、最後4回目になると評価が甘くなるのでは?とのうわさが流れていますが、英検協会が真っ向から否定しています。 「そもそも受験生が何回目の受験かなど試験官は知りません」 などおっしゃっていましたね。 私の場合、札幌で試験官も「see youの男が本当にまた来た」とか思っていたかもしれませんが。 最後は割と合格点より高めに受かることが出来ました。 以上の事をまとめると、留学経験もない日本人が普通に英語を本やCDを使って学習してきたのでは、英検二次に即興で受かることはまず無理だと肝に銘じておきましょう。 合格方法は次回詳しくご紹介します。

関連記事



カテゴリ:
タグ:,,,,,,,,



関連記事