2017年度 第一回 英検準1級 reading 解答速報


公開日: 最終更新日:
みなさんこんばんは。高上代表佐藤一行です。 多忙につき眠たい日々が続いておりますが、なんとかかんとか、日々の仕事をきちんとこなしております。 本日6月4日(日曜日)、2017年度第一回実用英語技能試験が実施されました。 受験された方。お疲れ様です。 英検1級ではreadingが難しかったとの声がちらほら聞こえてきておりますが、今回は準1級の問題が手に入ったので、reading partのみですが、解答速報と簡単な講評を書きます。

1 語彙問題

⑴ 4        ⑵ 1       ⑶ 1     ⑷2          ⑸ 4   ⑹ 1      ⑺ 2       ⑻ 3     ⑼3          ⑽ 4   ⑾ 1      ⑿ 3       ⒀ 2     ⒁4          ⒂ 2     ⒃ 4      ⒄ 2       ⒅ 1    ⒆ 1          ⒇ 3   (21) 3                      (22)  2                   (23) 1           (24)  4               (25)  3   やや難しいのは、⑶subsistence 前払い金(イギリス英語)との区別と、 ⑻のrations(食料) くらいか。あとは熟語も含めて対応可能。      

2 読解問題

  (26)      2                                   (27)        1                            (28)    3           (29)  1                                 (30)   4                                  (31) 2     (32)         2                               (33)       3                                    (34) 3       (35)        4                                (36)      4                                     (37) 1       (38)      3                          (39)        1                        (40)     4                (41) 1       やや難しいのは、(26)のadmit the truth (プロレス団体が、政府のお墨付きを得るためやらせを認めたということ。) (30)の not declined  (Vulture(ハゲワシ)が減らなかったら、餌を奪い合う犬が増えなかっただろうということ。)(36)   4は神経速度の形成が速いので、形成されても取って代わられてしまうということ。 (41)の宗教との類似性くらいであろう。  

3 まとめ

英検準1とは大体このくらいのレベルだと前から思っていたが、もしかしたらやや難しいのかもしれない。ただし、文章、選択肢ともにすべてかなりきちんと作らており、内容を正確にとらえられれば、あいまいな選択肢などない。 どうやって勉強していくかは今後書いていくとして、今回は、英検準1級のレベルを認識すると同時に、英検協会の問題作成能力の高さをあらためて感じさせられた出題であった。 また、英検2級を取得した生徒が、高上で継続的に(最低半年、できれば一年以上)学んでいれば、そこまで苦戦するような試験でもないであろうことも付け加えておく。

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事