2017年第三回 英検1級英作文の問題を振り返る。高上の練習問題が的中。


公開日: 最終更新日:
みなさんこんばんは。高上代表佐藤一行です。 2018年度、第三回の英検1級も終わり、合格発表が待ち遠しいところでしょう。 英検1級の筆記試験合格に必要なのは、とにかくwritingです。 私は多くの生徒たちに、writingを最優先するように言ってまいりました。

今回のお題は?

今回の出題は Should Japan rethink its relationship with the United states? というもの。 実に今を反映した問題ですね。

過去問に似た出題がある

しかし実はこれ、似た問題が過去に出ておりまして、高上でも取り扱っております。(新傾向になる前の問題ですから、答え方は今と少し違います)  
  • Should Japan prioritize relations with its neighbors or the United States?
  Japan should prioritize relations with United States over its neighbors. Democracy is one of the fundamental pillars supporting Japan forcefully. Although there are some differences between Japanese democracy and American one, where American democracy is expansive and its government often tries to force other countries to adopt it dogmatically, Japan and America have a similar attitude for Democracy. We choose our leader by election, and the government often listens carefully to the opinions of its nationals. However, China does not dare to care about the opinions or thoughts of its citizens but even their lives sometimes. For instance, several years ago, a Chinese bullet train collided into the back of another train. Far from saving the lives in the accident, the Chinese government dug a big hole and tried to bury the vehicles under the ground. We cannot get along with China, let alone South Korea which is always dredging up memories of world war Ⅱ and picking up a fight against  us. On the contrary, Japan and America have also had a strong economic tie and prospered step by step. For instance, when it comes to Co-manufacturing of cars, thanks to AI technology, Japan will achieve automatic driving in the near future, which will definitely bring a lot of benefits to both countries. In conclusion, Japan should refocus the benefits that America brings us and all we need to realize that essentially the relation with another country is built on the fundamental spirit and respect of each other.高上の受験英語の家庭教師            

新傾向のwriting で狙われるのは何か?

英検1級のwritingは時事問題がよく問われています。今回のアメリカとの関係など、その最たる例でありましょう。実際に、英検では語彙問題においても、なるべく新しい英単語が反映されている印象があり、化石のような古い単語は間違いの選択肢になることこそたまにあれど、あまり学習する価値などなさそうです。  

次の英単語が分かるでしょうか?

例えば、expletive  といわれてピンときますか?今訳を見ていて、虚辞という意味もあるそうですが、そんなもの私は日本語訳すら知りません。ただし、見覚えがあるのです。なぜか?トランプの言葉を形容するときに使われていたからです。 そう聞いたらピンとくるでしょう。もちろん 「罵り」 という意味です。 そしてこの英単語、最近の英検1級でも出ているのです。  

Newsが理解できれば苦労しない。

英字新聞でもニュース番組でも、英検1級といえど、ニュースの英語がそれなりに理解できていれば最近は筆記試験にそこまで苦労せずに受かるようになってきた印象がありますし、英語が進化とともに英検も進化しているのです。  

英検1級の一次試験とは

一言でいうと、二次試験へのパスポートです。英検は二次試験をより重視しているので、その採点に苦労させられている受験生は最近さらに増えています。しかしだからこそ価値があるのです。日本において、英語を話すということと正面から向き合う試験で大きなものは他にはTOEFLくらいしかありません。 ぜひこれを読んでいる方も、早く一次試験を突破して、英語を話すとは何たるか、をほんの少しだけでも味わってもらいたいです。

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事