通訳案内士の現状

私は通訳案内士の資格を取ったら、すぐにとまでは行かないまでも、ある程度仕事が舞い込むのか?などと楽観的に考えていた部分はあった。社会科が難しいので大変な苦労と挑戦を重ねやっと合格したわけであるが、現実は私が思っていたこととは大変異なった。
通訳案内士と通訳は同じものではありません。

通訳案内士のお仕事とは

通訳案内士とは、外国人を日本に招いた時に観光案内するのが主な仕事であり、ふつうバスに乗るので旅程管理者(平たく言えばバスガイドの国家資格)が必要なのである。
観光案内は、法律上、建前でいうと外国人を通訳案内士の国家資格がないものは、案内してはいけないのだが、昨今の急激な外国人観光客の増加に伴い、無資格でも旅程管理者の資格さえあれば仕事として行っても、黙認されているらしい。

通訳のお仕事とは

一方通訳は全く別の仕事で会議やインタビューなどで通訳をする仕事。これには資格などいらない。
無資格でもできてしまう。英語の腕があればいいのである。