速読VS精読 無意味な分類。


公開日:
速読と精読どっちがいいかと時々耳にする。 しかしそんな分類は馬鹿げている。もちろん高上ではそんなことはしない。

速く読もうがゆっくり読もうが、読み方の根本は変わらない。

文を読む。左から右へと。その際、分節に区切るには、意味や音声的蓄積を頼りにするのだ。 決して、SVOCなどではない。 音声的蓄積については、のちに詳しく語るつもりだが、

英語を膨大な量聴いていると、とこで英文が区切れるのか、その構造が、感覚的に理解できるようになるのだ。

そしてこの音声的蓄積が日本人学習者には絶対的に足りない。 そして私にとって、人生の一部となっているのが、この音声の蓄積なのだ。 まさしく気の遠くなるほどの、膨大な量である。

関連記事



カテゴリ:
タグ:



関連記事