発音は大事。言葉なんだから。


公開日:
英語が得意か不得意か。一発でわかる方法がある。

発音問題の出来を聞くのだ。

発音問題ができない生徒、何度CDを聴いてもできるようにならない生徒は言語感覚に乏しく、力をつけるのも大変である。 高上では、発音の基礎も定期的に学ばせるつもりだが。 ようは似ている発音が分からないと、区別がつかないんだろう。 しかし、今こうして似ている発音の単語を述べよと言われても私はあまり思い浮かばない。

違いをもとから容易に区別できたからだ。

有名な例で sit とshitなんて全然違う気がするが。

まぁもしこれを読んでいる君に時間がないのなら、とにかく単語を頭に叩き込んで、演習をした方が速い。

もし時間があって、TOEICなどの勉強を一からきちんとしたいなら、

発音と発声をきちんと学ぶことを勧める。

american accent training とか秀逸である。      

関連記事



カテゴリ:,
タグ:



関連記事